プロフィール

牛 春栄(にゅう しゅんえい)牛式気功養生センター創業者

牛 春栄(にゅう しゅんえい

1953年 中国・黒竜江省に生まれる
1973年 気功を習い始める
1979年 師景旺先生(山西省)に師事、太行意功を習得
1980年 北京気功研究会でホウ明師から智能功習得
1981年 中国長春地質学院水文工程を卒業。国立地質学研究会

社に入社

1985年 劉漢文師から禅密功を習得
1989年 張玉磊師から慧通丹田功を習得
1990年 劉尚林師から蔵密気功を習得
1991年 来日、気功養生の事業を始める
1998年 中国気功養生センターを創業
2000年 日本に帰化(日本名 吉水春栄)
2002年 気功を科学的に研究するため 中国・大連市に脳象図事務所を開設

医師・生理心理学教授の王徳坤師を主席技術専門研究員に迎える

2003年 貴州省・苗族気功(園霊門)史小文師の第11代門弟となる
2004年 段保華師から中華両儀点穴功を習得
2005年 中国中央テレビと遼寧省社会科学研究院の取材を受けテレビ出演

ボランティアで無料の気功教室を開く

2006年 遼寧省体育科学研究所の依頼で北京五輪選手選抜プロジェクトに参画
2007年 中華両儀点穴功日本道場会長に正式任命される

北京の太申祥和山庄国際養老院で気功による老人の健康維持法を指導

2008年 北京五輪で牛春栄が指導・カウンセリングした柔道の楊秀麗選手が金

アーチェリーの郭丹選手が銀、女子マラソンの朱暁琳選手が4位入賞

2009年 相模女子大学人間社会心理学部の講師に就任
2010年 北京で周亮師から道教の胎息気功を習得
2011年 道教龍門派褚一恒師から七星丹法気功を習得、第21代門弟に。

「至仙」を受号

2014年 (5月)中国気功養生センターを、牛式気功養生センターに改名

これまで習得した伝統気功、医療気功、民間気功を融合し、簡単で高度な心身に役立つ気功法「牛式気功」をより多くの方に広める活動を始める

牛 英俊(にゅう えいしゅん)牛式気功養生センター代表

牛 英俊(にゅう えいしゅん)

1978年 中国・黒竜江省に生まれる。当センター創業者の長男

4歳から父の指導で気功、武術を学ぶ
6歳のとき武当派の馬宝貴に師事
ハルピン市の武術大会で優勝。毎年武術大会でさまざまな賞を受ける
智能功、慧通丹田功、蔵密気功の習得に励む

1990年 ハルピンテレビ局の取材を受け放映される
1991年 家族とともに来日。日本の中学、高校、大学を履修

ただちに中国気功養生センターで働く

2000年 日本に帰化(日本名 吉水英俊)

世界気功医学研究所の高級気功師免許を取得

2004年 苗族気功(園霊門)史小文師の第12代門弟に。

段保華師から中華両儀点穴功を習得

2010年 北京で周亮師から道教の武術・気功風雷掌を習得
2011年 道教龍門派牛春栄師の七星丹法気功を習得

第22代門弟に。「理涵」を受号

2014年 (5月)牛式気功養生センター代表に就任

董 芳(とう ほう)

1965年 中国・大連市に生まれる
1990年 来日
1998年 気功養生の仕事を始める
2011年 さらなる気功勉強のため、星雲法師の門弟から、仏教気功を学ぶ

日本語の勉強を続けることで、より良くお客様とのコミュニケーションが
できるよう心掛けている

村上 由有子(むらかみ ゆうこ)

村上 由有子(むらかみ ゆうこ)

1969年 東京都に生まれる

高校時代に読んだ河合隼雄の書で、心の深層構造に興味を抱き、
東洋医学の「体全体の調和」という考え方に共感し、心と体について勉強を続ける。
24歳でヨガを始め、その後楊名時太極拳を経て、牛春栄に師事し、智能功、両儀拳を習っている。

2009年 Self I-dentity through Ho’oponopono Basic I class 修了

2014年 道教龍門派牛春栄師の七星丹法気功を習得、第22代門弟に。「理心」を受号

(休職中)

提携先

坂東 英美(ばんどう えみ)

牛 春栄の長女

大阪在住 http://wajyakudo.com