当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。私は理心です。
第3回では、気とは何かに触れながら、気功療法についてお話しましたが、もう少しお話したいと思います。
当センターには、外気・内気 まわるまわる 美容 ペット 遠隔といった気功療法のメニューがあります。お客様のお悩みをお聞きし、一番適切な療法で施術いたします。 療法の内容はホームページに説明を書いておりますので、そちらをご覧いただければと思います。当センターでは、お客様の悩みに応じ、必要な療法を選択しています。
中には金額の問題で、安い方の治療ではだめなのかと聞かれるお客様もいますが、当センターは、金額で療法を選ぶのではなく、少しでも早く良くなる効果的な療法を選択しています。症状が改善すれば、他の健康維持に繋がる療法に切り替えます。
体や心の悩みをお持ちの方には、気功療法をお勧めしますが、問題がなくなれば、ご自身でできる気功法を続けていただくだけで健康を維持できます。
仕事、家事、育児、介護など、現代人の多くは、忙しい生活をしています。その忙しい生活、ストレスに耐えているのは、心ばかりではなく、体もなのですが、つい体を後回しにしがちです。不調を訴える体に、なんで痛むのか、なんで動かないのかと不満をもつ方も多いと思います。でも少し考えてみてください。私たちが生まれた時から持っている体、これは当たり前のものなのでしょうか?決して当たり前のものではないですよね。人それぞれが違う体を持って生まれてきます。すごく健康な体を持っていたはずの人も病気になりますし、弱い弱いと言われていた人が、老人になっても元気でいたり・・・なぜでしょうか?昔から、一病息災という言葉があるように、体の弱い人は、日頃から体を気遣いますが、健康な人は体のことなんか考えないからということかもしれません。病気の原因は様々で、一時的な大きなショックで病になることもあります。一言では片付けられませんが、人はとかく病気になると、あれが悪かったとか、これが悪かったとか、外に原因を求めがちです。でも、理由とか原因とかよりも、体にとっては持っている力をどれくらい消耗したか、が問題なのではないかと思うのです。もともとの強さ弱さはあるにしても、日頃から体の養生をしている人とそうでない人では体の保ちが違う気がします。ですから、気功療法を受けても、良くなるまでの時間は、人それぞれ違うのです。酷使してきた時間、内容も人それぞれなので、一言では言い切れないのです。ただ、残念なことに、体の反応や、努力の結果を待てない方が多いと感じます。現代人はすぐに結果を求める傾向にありますね。多分、忙しいからなのでしょう。しかし、体にはスキップはありません。今まで無視した時間、無理をさせた時間を考えてみて、「そりゃそうだな」と、体が変わるのを待つ気持ちになれば、必ず良い方に向かっていることを実感できます。気功療法を受け、結果を急がず、小さな体の変化を喜びながら、体に寄り添うことを知ってほしいと思います。いつも一緒、最後まで一緒にいる体に目を向けてみた時、実はとても満ち足りた気持ちになれます。例えば、手をゆっくりさすってみてください。足をゆっくり揉んでみてください。自分の体はこんな形をしていたんだとか、自分はここが痛いんだとか、いろいろ発見があります。体は何を言いたいんだろうと、耳を傾けてください。体ほど正直なものはないと思います。人間のように裏や表もなく、そのまま、ありのまま、努力もした分だけ必ず結果がでます。体は正直なのです。気功で体が変わることで、体の持つ力が私たちの想像をはるかに超えていることも感じていただけると思います。あなたの意識を変えることで、体には年齢や環境を超える力があることに気づかれると思います。当センターには高齢で、老眼がなくなった方や、失った臭覚を取り戻しつつある方もいらっしゃいます。健康であれば、人はどんなことでも頑張れるということ、健康であれば心が楽しいということを、多くの方に気づいていただければと思います。
次回は当センターの名前にもある、養生についてお話したいと思います。