あっという間にGWも終わりました。当センターにも、連休中たくさんの方がお越しになりました。前回は「冷え」が本来もつ治癒力を弱らせ、大きな病の原因となるというお話しをしました。近年内臓の温度が低下している人が増えていると言われます。これは、内臓の働きが弱く、外敵からも身を守りにくくなるということです。これらの原因に大きく冷えが影響しているのです。なるべくなら、日常的に冷やさないようにしたいですよね。暖かくなると、裸足にサンダルの方が増えますが、裸足にサンダルで、冷房や風にあたることは冷えの原因になります。冷房の入った部屋に長時間居る時は、足元を暖かくするようにすると、疲れがかなり違います。とは言え、通気が悪く、足を締め付けるような靴下や、靴は逆効果です。最近、靴下を重ね履きする冷えとりの方法が広く知られるようになり、専用の靴下を売っているお店も増えてきました。私も友人がプレゼントしてくれたのがきっかけで、靴下を重ね履きしています。最初の頃はいつも同じところに穴があき、それが自分の弱い部分と一致しているので、納得できましたし、びしょびしょの靴下を脱いだときなど、この毒素が自分の体の中にとどまっていなくて良かったと感じます。当センターへ来られる方には、重ね履き靴下や、それについて書かれている本(進藤義晴氏の著書)もお勧めしています。気功を練習していただけば、冷えはなくなりますが、なかなか時間がとれないという方に、もちろん気功やヨガ、スポーツをしている方にも、お勧めです。
また、現代人は汗をかくことを嫌う傾向があるようです。汗臭いと他人に思われたくないとか、汗染みを気にするとか…しかし、私たちは汗をかくことで、暑い寒いの温度調節をしているので、汗をかかないようにするという意識は、体の自然な働きをくい止めていることになります。本当に健康な人の汗は、想像しているより匂いはありません。汗は体の毒素を排出しますので、毒を出す機会でもあります。東洋医学では汗からも体の状態を判断し対処します。体の状態を知らせてくれる大切なものでもあるのです。汗をかくことを気にするより、かいた汗の状態に関心をもつ方が早期に体の不調に気づけると思います。もし、寝汗や、汗の匂いが気になる場合は、当センターにご相談ください。
また、汗をかいた後、冷たい空気にあたることや、濡れた服を着ていることは冷えにつながります。汗を吸収し、乾きやすい天然繊維の下着を身につけることで、快適に、体を冷やさずに過ごせます。
次回は当センターの気功美容について書きたいと思います。
理心