当センターのホームページをご覧いただきありがとうございます。
私は理心こと村上由有子と申します。
当センターのホームページをご覧くださっている方には、気功に興味を持たれた方、心や体のことで何か悩みを持たれている方が多いと思います。しかし「気功」ってどんなものなの?「杉並区阿佐ヶ谷の牛式気功養生センター」ってどんなところなの?と疑問や不安を持たれる方も多いと思います。ブログで、私の体験から気功や当センターのことをお話することで、皆様に安心してお越しいただけるようになればと思います。

牛式気功の「牛」は中国では「にゅう」と読むそうで、創業者の牛春栄先生の名字をとり、牛先生が今まで学んだあらゆる気功をもとに、新しく作られた気功法を「牛式」とし、今年(2014年)5月に、それまでの「中国気功養生センター」から名前を改めました。牛春栄先生の、一人でも多くの方に心と体を健康にできる気功法をお伝えしたいとの願いが込められています。
牛春栄先生も息子で現在の代表者の牛英俊先生も、中国で生まれた中国人で、日本に帰化しています。私は、日本で生まれ育った日本人で、中国語も分かりません。ですから、もし中国の先生で言葉は通じるのだろうか?など不安をお持ちでしたら、その心配はありませんので、お気軽にお電話ください。
さて、場所ですが、阿佐ヶ谷駅はご存知でしょうか?当センターは、JR中央線、総武線、地下鉄東西線の阿佐ヶ谷駅と、地下鉄丸の内線の南阿佐ヶ谷駅の2駅から徒歩でお越しいただけます。JR阿佐ヶ谷駅を中心に見ると、駅前に中杉通りという太い通りがあり、北は早稲田通り、南は青梅街道につながります。余談ですが、この中杉通り、以前は5月ごろに若葉のアーチができ、魅力的な通りでしたが、センスなく木を切ってしまったので、アーチにはならなくなりました。不動産のチラシのアーチの通りは嘘なんです。
その中杉通りからすぐ1本入った道に面した、1階は介護のお店、3階は学習塾が入るビルの2階に当センターはあります。今気づきましたが、お年寄りから、若い人まで集まるビルなんです。
阿佐ヶ谷には、最近少なくなったタイプの商店街があります。パールセンターと言います。お時間があれば、パールセンターをのんびり歩いてお越しいただけば、ちょっとした気分転換になると思います。知人に「どこを探してもないんだけど、阿佐ヶ谷にならあるかしら?」と聞かれることは、少なくありません。今時これがあるの?というものが、探せる街ではあります。それでも近年、個性的なお店が減り、便利にはなりましたが、この街に約30年住む私には、昔が懐かしく思えることもあります。そんなことで当センターが入るビルの前は、数えられないほど通り、看板やチラシは何度も見ていたのですが、初めてビルに入る時はかなり緊張しました。恐る恐る2階に上がり、白い鉄の扉をいつでも逃げられるようにして開けたのを、今でも時々思い出し、可笑しくなります。扉を開けるとそこには優しい笑顔の先生が立っていて(代表の牛英俊先生)「あのー気功教室について伺いたいのですが・・・」と訪ねると、資料を渡してくれて「これ読んでみてください。教室は予約いりませんので、来たい時に来てください。」と言われました。そして玄関に一番近いベッドで気功療法をしていたと思われる、牛春栄先生が顔を出され「どしたの?あー教室ね」と言い、さっとカーテンを閉めてしまいました。しつこい勧誘とか、いろいろ怖いことを想像していた私は、あまりにあっさり返されたので、あっけに取られ、扉を閉めて帰りました。帰路の途中、一瞬眼にした牛春栄先生の顔を思い出し、妙な安心感を覚え「大丈夫そうだな、教室に行ってみよう」と思いました。それが私と気功、牛春栄先生との出会いでした。

私が「気功」と出会ってから感じることですが、「気功ってどんなものなの?」と興味を持つ人はいても「大丈夫なのかなあ?」「なんか怪しい感じがする」という意見を言われる方が多いです。気功は種類も多く、方法も数えられないほどなので、仕方ないのかもしれません。また実際に怪しい組織もあるのでしょう・・・本当に残念なことに、日本ではとくに誤ったイメージをもたれる方が多くなってしまったように思います。私にもその不安は分かります。
次回は私と気功との出会いについてお話していきたいと思います。(理心)